1400kcal糖尿病食①【夕食】409kcal

f:id:diabetes_kanngaeru:20180405121310j:plain

 

総調理時間

約20分

エネルギー・栄養(1人分)

409kcal

たんぱく質 脂質 炭水化物 塩分(1人分)
18.8g 10.4g 57g 1.2g

単位表

表1 表2 表3 表4 表5 表6 調味料 し好品
3.0 0.0 1.3 0.0 0.6 0.3 0.0 0.0

 

献立

  • めかじきのトマトソース添え
  • 水菜・じゃこ・糸寒天のサラダ
  • ごはん

 

献立の説明

日々の生活の中で家事や育児に時間がとられてしまい、自分の食事を後回しにしがちな方に向けて献立を作りました。血糖コントロールをするためには、食事を抜かず、毎食主食+主菜+副菜の組み合わせでバランス良く食べることが大切です。時間がない時は、常備菜や茹で野菜、冷凍野菜をストックしておくことで、低カロリーでも満足感が得られる食事が楽しめます。

めかじきのトマトソース添え

調理時間15分

食材名 分量
めかじき 60g
少々
こしょう 少々
オリーブ油 小さじ1/2
(A)トマト 30g
(A)生バジル 3~4枚
(A) オリーブ油 小さじ1/2
(A)塩 小さじ1/6
(A)こしょう 少々
アスパラガス 30g
レモン 少々
  1. トマトを粗みじん切りにし、手でちぎったバジルとオリーブオイル、塩・こしょうで和えてソースを作る。
  2. かじきに塩・こしょうをふる。アスパラガスを沸騰した湯で茹でる。
  3. フライパンにオリーブ油を熱し、2のかじきを入れ、両面焼き色がつくまで焼く。
  4. 3を器に盛り、1のソースをかけ、アスパラガスとレモンを添える。

ワンポイントアドバイス

フレッシュなトマトの酸味とバジルの香りで、塩分&油分を控えめのソースで美味しくいただける一品です。トマトソースは、フランスパンの上にのせて、ブルスケッタとしてもおすすめです。トマトの赤い色素に含まれるリコピンという成分には、強い抗酸化作用があり動脈硬化を予防できる働きがあると言われています。

水菜・じゃこ・糸寒天のサラダ

調理時間5分

食材名 分量
水菜 40g
じゃこ 5g
糸寒天 1g
和風ノンオイルドレッシング 2g
  1. 糸寒天を水で戻す。水菜は、3㎝幅に切る。
  2. 水菜・じゃこ・糸寒天を和風ノンオイルドレッシングで和える。

ワンポイントアドバイス

じゃこがアクセントとなり、ドレッシングが少なめでも美味しくいただけます。水菜には、ビタミンCの他にカリウムやカルシウムが豊富に含まれています。カルシウム不足を野菜で補いたいときにおすすめの野菜です。水菜の茎と糸寒天はシャキシャキした食感があるので、よく噛むことを促し、早食い防止に役立ちます。

ごはん

食材名 分量
ごはん 150g

献立監修者

f:id:diabetes_kanngaeru:20180330131836j:plain

川島美由紀

管理栄養士。中医薬膳師。産前・産後食アドバイザー。

医療系ベンチャー企業にて、全国約800の医療機関への食事指導支援サービスの提供や生活習慣病患者向けアドバイス、特定保健指導を実施。
現在は、株式会社エスキャリア・ライフエージェンシーにて子育て両立・共育支援事業「エスキッチン」の企画開発・運営全 般に携わりながら、個人としても市区町村の6か月児健康診査での栄養相談や産前・産後食講座などを行う。